027-221-1191熊川総合法律事務所

任意整理とは?

任意整理とは、弁護士があなたの代理人となって、債権者と利息、損害金、毎月の支払額などについて交渉をして、借金の減額を図る方法です。
この方法は裁判所を利用せずに行う方法である為、周囲に知られずに手続きするのに最も適しています。
また、原則無利息で3年程度で返済していく手続きです。

任意整理

任意整理のメリット

家族や会社の人に知られずに処理が可能です。

官報には掲載されず、裁判所からの通知もされることはありませんので、借金を家族や会社の人にも知られることなく、処理をすることが可能です。

借金を減額し、金利はなくなります。

弁護士が債権者と交渉することにより現状にあった返済計画で、借金を減額したり、今後の金利をゼロにすることが可能です。

取立てや請求がこなくなります。

弁護士が債権者(貸金業者)へ受任通知を発送した後は、あなたへの請求は法律で禁止されていますので、取立てや請求はストップされます。

過払い金を取り戻せる場合があります。

過去の支払いを全てさかのぼり利息制限法に基づき金利を計算して交渉を行いますので返済総額が減少します。また再計算により払い過ぎていた場合戻ってくる場合もあります。

資格制限がありません。

自己破産を行うと破産手続き開始から免責が確定するまで、一定の職業にはつけませんが任意整理ではこのような影響は受けることはありません。

裁判所への出頭はありません。

裁判所を利用せずに、あなたの代理人である弁護士が債権者と交渉を行いますので、裁判所からの出頭要請はありません。

一部の借金のみの整理もできます。

あなたの抱える借金の中の一部だけの整理もできます。

弁護士に全て任せることができます。

毎月の借金のお支払いは債権者に行うのではなく、弁護士を通して毎月お支払い頂くことになります。

任意整理のデメリット

借金の減額は利息制限法に基づく金利の引きなおしの範囲内でしかできません。

借り入れ期間が長ければ長いほど、減額や過払いの可能性はありますが、借り入れ期間が短い場合、大きな減額は見込めません。

ブラックリストに登録されてしまう為、新たな融資やクレジットカードの作成が制限されてしまう。

信用情報機関に任意整理の事実が登録されてしまう為に、5~7年程度は新たに融資やクレジットカードの作成やローンなどはご利用が制限されることになります。

債権者が応じない場合もまれにあります。

悪質な借り方をした場合などには訴訟問題にもなりかねますが、一般的には弁護士が間にはいるので問題はありません。

任意整理の手続きが利用可能な方

減額後の借金を3年程度で返済できる方

継続して収入を得る見込みがある方