027-221-1191熊川総合法律事務所

過払い金返還請求とは?

「過払い金」とは本来支払わなくてよいにもかかわらず、金融業者に支払いすぎたお金をいいます。借入期間が長ければ長いほど、過払い金が生じる可能性が高くなります。 過払い金返還請求の手続きであなたにお金が返ってくることになります。 借金がゼロになり、貯金ができるケースもあります。

「過払い金」がなぜ起こるかというと、金利を定める二つの法律「利息制限法」と「出資法」の間にグレーゾーンがあることに起因します。ふたつとも金利を定める法律であるにもかかわらず、定められた金利が違うことに問題が生じます。

過払い金返還請求を詳しく説明

利息制限法

お金を貸す時の利息の最高限度を定めた法律

10万円未満年20%
10万円~100万円未満年18%
100万円以上年15%

上記を超える利息は、超過部分が無効になります。

出資法

お金を貸す時の高金利を処罰する規定が設けられている法律
出資法の金利(貸付額制限なし)
上記の金利を超えると処罰の対象となります。

払いすぎた金利

「利息制限法」では最高でも20%であるのに、「出資法」では29.2%とこのふたつの法律の間にある金利を「グレーゾーン金利」といいます。「利息制限法」でも出資法でもどちらも上限利率を超えると違法になりますが、「利息制限法」を超えた金利を設定しても、「出資法」の上限金利を超えなければ刑事罰は科せられないのです。
(出資法の刑事罰 「5年以下の懲役もしくは1,000万以下の罰金」)

そのため金融業者は「利息制限法」に違反していても罰則はありません。当然、金利の高い方の「出資法」でお金を貸します。
長い間、金融業者と取引のある方は、高い方の金利で借り入れをしています。
払わなくてもよい金利を払っているということです。
(現在は法律も見直され、ほとんど金融業者は低い金利に変更しています。)

債務整理をすると、「グレーゾーン金利」が清算され、すでに払ったものとして計算しなおされます。 これを「引き直し計算」といい、これによりすでに払ったと認定されるお金を「過払い金」といいます。

多重債務者はこの引き直し計算により、過払いが発生する為、借金の残額と相殺され、借金の残額が減ります。また、過払い金返還請求により戻ってくることもあります。